ポケモンGOのやりこみ要素②レアポケモンを入手しよう

ポケモンGOのやりこみ要素として、レアポケモンをたくさん入手して図鑑コンプリートを目指してみませんか?

未実装や伝説のポケモンを除き、図鑑は全154種類です。

ぜひ図鑑を埋めてみましょう。

▼基本的な入手方法

進化ポケモンと呼ばれているものは出現率そのものが低いため、進化前の入手しやすいポケモンにアメを与えて自分で育てる方が早いです。

また、サンタピカチュウなどの期間限定ポケモンが2016年末まで出現していましたが、現在は出現していません。

レアポケモン関連のイベントは今後も実装される可能性があるため、チャンスを逃さないように情報はマメにチェックするようにしましょう。

▼タマゴで入手

巣が存在しないカビゴンやプテラなどは、タマゴから孵化する可能性があります。

10kmタマゴの入手と孵化の確率もレアであるため大変ですが、常にタマゴを孵化させ続けることがコツです。

歩くことは、健康にもいいですからね。

◎詳しくはコチラ…[ランキング]「ポケモンGO」が体にいい理由|座っている時間が長いと寿命が縮む? – gooランキング

また、ふかそうちは切らさないようにしておきましょう。

▼地域限定レアポケモン

まさに、その地域でしか手に入らないレアポケモンです。

地域といっても日本ではなくて、海外まで行かねば手に入らないので海外を飛び回る仕事をしているか、旅行好きかでないと入手はできません。

金銭的な難易度ではいちばんでしょう。

現在は、アジア限定の「カモネギ」、ヨーロッパ限定の「バリヤード」、北米限定の「ケンタロス」、オーストラリア限定の「ガルーラ」の4体が確認されています。