ポケモンGOのやりこみ要素③課金で楽しもう

最近はどのゲームにもありますが、ポケモンGOにも課金制度があります。

余裕があるユーザーは、課金をうまく利用してみてはいかがでしょうか。

▼課金のやり方

課金は、コンビニや家電量販店で売っているiTunesカードやGooglePlayカードを使用することができます。

スマホにカードに記載されているコードを登録させましょう。

また、ゲーム内でクレジットカードを登録すれば、直接決済ができます。

▼課金でやれること

ポケモンGOのメニュー画面にあるショップから課金することができます。

課金で手に入れられるものは「ポケコイン」と呼ばれるゲーム内の通貨です。

100ポケコインの値段は120円で、モンスターボール20個分を買うことができます。

一度に買うポケコインの額が多いほど安く入れることができますので、まとめ買いがオススメです。

なお、課金はポケコインを買うだけの目的でありスマホゲームで問題になっている「ガチャ」はありません。

そういう面では安心して課金することができます。

▼ポケコインで買えるもの

モンスターボールや、ポケモンの出現率が上がる「おこう」、経験値が2倍になる「しあわせタマゴ」、ポケストップに一定数のポケモンを集める効果がある「ルアーモジュール」、タマゴを孵化させるための「ふかそうち」、道具やポケモンの所有数を増やすアップグレード装置を買うことができます。

レアポケモンを孵すことができるふか装置はゲームに不可欠ですので購入するにはオススメです。